Security Defender Pro 2015

Security Defender Pro 2015説明文

Security Defender Pro 2015は、Defender Pro 2015としても知られる不正セキュリティソフトである。それは、自身のソフトを使用するのに必要な偽「ライセンス」を経験の浅いユーザに買わせようと仕向けるのに利用されている。そのため、Security Defender Pro 2015は、コンピュータが幾つもの感染を受けているとユーザに信じさせようとする。Defender Pro 2015がインストールされている場合、そのウイルス群に属する別ウイルスやFakeVimesウイルス群と同様、Security Defender Pro 2015が正規のセキュリティソフトでないことが容易にわかる。Security Defender Pro 2015はウイルスを探知したり消去したりする能力は持ち合わせていない。その主な理由に、Security Defender Pro 2015がそれ自体、ローグ・セキュリティプログラムとして知られる一種の脅威であるという事実が挙げられる。このため、Defender Pro 2015がコンピュータにインストールされている場合、最新アップデートをした強力なセキュリティソフトを利用して感染したコンピュータからSecurity Defender Pro 2015を完全消去するよう、PCセキュリティ専門家たちは強くアドバイスしている。

Security Defender Pro 2015はどのようにコンピュータユーザを騙すのか

Defender Pro 2015などのローグ・セキュリティプログラムは、感染ウイルスの中では最も一般的なものであり、ここ10年間以上に渡り身近に存在し続けている。この種の脅威の基本的な攻撃パターンは、その手段は高度になってきているものの、以前よりあまり変化していない。Security Defender Pro 2015とそれに類似したローグ・セキュリティプログラムは、コンピュータ感染を起こし経験の浅いユーザから金銭を奪うのに下記のような戦略を取る。

  1. Security Defender Pro 2015は迷惑メールや、危険な広告類のP2Pファイルシェアリングネットワーク上での偽ダウンロードといったウイルス伝達手段により配信されることが多い。後者は、ローグセキュリティソフトに関しては特に一般的な方法である。その理由として、「無料オンライン・マルウェアスキャン」の広告を利用して経験の浅いユーザにSecurity Defender Pro 2015のインストールをさせるよう仕向ける、といったことが挙げられる。Security Defender Pro 2015はまた、コンピュータ内に既に侵入してしまったトロイの木馬ダウンローダーやバックドアトロイの木馬、ルートキットなどのようなウイルスを介してインストールされることもある。
  2. Security Defender Pro 2015が一旦インストールされると、Defender Pro 2015は感染したコンピュータに色々な変更を起こす。Security Defender Pro 2015が仕掛け得る変化としては、Security Defender Pro 2015がWindowsの起動後すぐ自動的にスタートアップするようにWindows設定を変えたり、Security Defender Pro 2015がエラーメッセージやそれと類似したシステムダイアログを表示するようWindowsレジストリを変えたりすることなどが挙げられる。Security Defender Pro 2015はまた、ある特定のソフトへのアクセスを制限したり、標的のブラウザがインターネットにきちんと接続できないように作用することもある。
  3. そしてSecurity Defender Pro 2015は、ユーザが自分のコンピュータが重度のウイルス感染を起こしていると信じるよう仕向ける。それには幾つかの方法があるが、ウイルススキャンを実行させて実際には存在していない何十個ものウイルスやワーム、トロイの木馬などの名を連ねた酷い結果を表示するといったものや、ユーザがファイルを開いたりソフトを実行したりする際に、ウイルスの存在を示す偽エラーメッセージを表示させるといったものもある。また、Security Defender Pro 2015は、ブラウザがウエブページのロードを正しくできないようにしたり、コンピュータが多くのウイルスに侵されているというようなメッセージを表示したりもする。
  4. ユーザが、Security Defender Pro 2015を使ってこのような架空のウイルス感染を修繕しようとすると、Security Defender Pro 2015は、問題解決には「ライセンス」の購入が必要である、といった別のエラーメッセージを表示する。ただし、このライセンスは無料ではない。マルウェア専門家たちは、この料金を支払うことがないよう、強くユーザに対して勧告している。Security Defender Pro 2015の有料バージョンでは、迷惑なエラーメッセージは出なくなるものの、それはほとんど役に立たない代物なのである。

Defender Pro 2015の最も危険な点は、Windows Defenderなどの定評あるセキュリティソフトと酷似して作られているということである。そのため、経験の浅いユーザはその「ライセンス」料を誤って払ってしまうことがある。PCセキュリティ専門家たちは、Defender Pro 2015の完全消去には信頼できるセキュリティプログラムを利用するよう強く推奨している。

に感染した Security Defender Pro 2015? PCを無料でスキャン

SpyHunter’s Spyware Scannerのダウンロード
検出するには Security Defender Pro 2015

セキュリティはSpyHunterのダウンロード及びアクセスを妨げる?



解決策: SpyHunter等のプログラムを妨害するマルウェアがお使いのPCメモリに潜んでいるかもしれません。以下の手順の従い、 SpyHunterをダウンロードして、インターネットへのアクセスしてください。
  • 代替ブラウザの使用。 マルウェアは、ブラウザを無効にすることができます。例えば、IEを使用している場合、SpyHunterのダウンロードに問題が生じます。代わりにFirefox、Chrome、Safariブラウザ等を開く必要があります。
  • リムーバブルメディアの使用 。 USBフラッシュドライブ、DVD 、 CD 、等のお好みのリムーバブルメディアにダウンロードしたSpyHunterを焼いてください。そして、感染PC上にインストールし、 SpyHunterのマルウェアスキャナを起動してください。
  • セーフモードでのWindowsの起動。 Windowsのデスクトップにアクセスできない場合、「セーフモードとネットワーク」とでPCを再起動してください、そしてセーフモードでSpyHunterをインストールしてください。
  • IEユーザー: Internet Explorerを使用してのWeb閲覧及びスパイウェア対策プログラムの更新のため Internet Explorerのプロキシサーバーを無効にします。マルウェアは、Windows設定を変更しIEでWeb閲覧を妨げるプロキシサーバーを使用するように変更します。

まだSpyHunterをインストールすることはできませんか? インストール問題の他の原因をご覧ください。

免責事項

返事を残す

サポートや請求に関する質問には、このコメントシステムを利用しないでください。 SpyHunterのテクニカルサポートリクエストについては、お客様のSpyHunter経由で カスタマーサポートチケット を開いて、直接テクニカルサポートチームにご連絡ください。 お支払いに関する問題については、 " 請求に関する質問または問題 " のページをご覧ください。 一般的なお問い合わせ(苦情、法律、プレス、マーケティング、著作権)については、お問い合わせとフィードバックをご覧ください。

重要! 進むことができるようにするには、次の簡単な数式を解く必要があります
次の2つのフィールドをそのままにしてください:
4 + 5とは?