「CiscoAnyConnectセキュアモビリティクライアント」はコンピュータに損傷を与えます

エコシステム内、より具体的にはMacデバイス上での疑わしいアプリケーションの拡散を阻止するためのアップルの取り組みの一環として、この技術の巨人はいくつかのセキュリティ機能を導入しました。ほとんどの作業はバックグラウンドで実行され、疑わしいアクティビティが見つかると、macOSはユーザーに表示されるアラートプロンプトをトリガーします。警告のテキストには通常、「[アプリ名]はコンピューターに損傷を与える」と記載されています。

ほとんどの場合、メッセージは、PUP(Potentially Unwanted Program)がMacに忍び込んだことを示しており、できるだけ早く削除する必要があります。ただし、特定の条件下では、macOSが正当なアプリケーションにフラグを立て、このメッセージを誤って表示する場合があります。これは、「CiscoAnyConnectセキュアモビリティクライアントがコンピュータに損傷を与える」という警告に遭遇したユーザーに起こったことです。
最も可能性が高いのは、現在のアプリケーションの署名に問題があることです。古いアプリケーションであるか、他の理由でAppleによってフラグが付けられている可能性があります。ユーザーが行う必要があるのは、適切に署名された新しいバージョンのアプリケーションにアップグレードすることだけなので、解決策は非常に簡単です。その後、警告は消えます。

この警告プロンプトが表示されているときにCiscoAnyConnectセキュアモビリティクライアントがインストールされていない場合は、状況が少し深刻になる可能性があります。 Macに、正規のアプリケーションになりすましたPUPまたはマルウェアが存在する可能性があります。できるだけ早くプロのマルウェア対策ソリューションを使用してMacのスキャンを開始し、脅威が検出されたかどうかを確認します。スキャンに表示されるすべてのアイテムを削除します。