Windows で一時ファイルをクリアする方法

一時ファイルは、その名のとおり、特定の操作をスムーズに行うために必要な情報を含むファイルで、作業が終了すると削除されます。 Word や Excel などのドキュメントを編集しているとき、ファイルを印刷しているとき、キャッシュ ファイルの形式で Web ブラウザ操作の一部として、一時ファイルが作成される場合など、複数のインスタンスがあります。一時ファイルは意図したとおりに削除されず、システムに残ります。通常、ファイルのサイズはごくわずかですが、一時ファイルが積み重なると、ハード ドライブのかなりの部分が占有される可能性があります。そのため、ユーザーがコンピューターから一時ファイルを手動で削除することが必要になる場合があります。

一時ファイルは、作成理由に応じてさまざまな場所に保存されます。システム プロセスに必要な場合、ファイルは C:\Windows\Temp に生成されます。特定のアプリケーションに関連付けられた一時ファイルは、通常、ユーザー フォルダーの App Data ディレクトリに配置されます。一方、各 Web ブラウザには、関連するキャッシュ ファイルを格納する専用のフォルダがあります。

一時ファイルの削除

コンピューターから一時ファイルを削除する最も簡単な方法の 1 つは、組み込みのディスク クリーンアップ ユーティリティを使用することです。

  1. [スタート] メニューを開きます。
  2. [すべてのプログラム] を選択します。
  3. [アクセサリ] を開きます。
  4. [システム ツール] を選択します。
  5. [ディスク クリーンアップ] をクリックします。
  6. [削除するファイル] セクションで選択して、削除する特定のファイルの種類を選択します。
  7. 準備ができたら [OK] をクリックします。

Temp フォルダーにアクセスして、そこにあるファイルを削除する別の方法は次のとおりです。

  1. キーボードの Windows (Windows ロゴ) + R キーを押します。
  2. 「実行」ウィンドウに「%temp>#/p###」と入力するか貼り付けます。
  3. 開いたフォルダーにあるすべてのファイルを削除します。