'ERR_SPDY_PROTOCOL_ERROR'を修正する方法

Google Chromeは、世界で最も広く使用されているブラウザの王位を主張し、10年近くの間それを維持することに成功しました。このように膨大なユーザーベースがあるということは、予想外に多くのエラーが発生する可能性があることも意味します。そのような問題の1つは、「ERR_SPDY_PROTOCOL_ERROR」です。これは、Webコンテンツをより効率的に転送するために開発された非推奨のSPDY(「スピーディー」)オープン仕様ネットワーキングプロトコルに関連しています。 Google Chromeの一部として、プロトコルはHTTPトラフィックを管理して、Webページの読み込み時間と待ち時間を短縮し、Webセキュリティを強化します。 'ERR_SPDY_PROTOCOL_ERROR'に関しては、その外観を説明できる多くの理由があります。古いバージョンのChromeを使用している場合、ネットワーク遅延が大きくなると、マルウェア対策セキュリティソリューションからの干渉がすべてエラーにつながる可能性があります。 Chromeの更新やセキュリティ製品の停止が「ERR_SPDY_PROTOCOL_ERROR」に影響を与えないように思われる場合は、以下に概説する解決策を試して、それらが役立つかどうかを確認してください。

Chromeのフラッシュソケット

  1. Chromeを開きます。
  2. chrome:// net-internals /#events&q = type:SPDY_SESSION%20is:activeをアドレスバーに貼り付けるか入力して、キーボードのEnterキーを押します。
  3. 右上隅にある矢印をクリックします。
  4. ドロップダウンメニューで使用可能なオプションから、[ソケットのフラッシュ]を選択します。
  5. ページが正常に開くかどうかを確認します。
  6. 'ERR_SPDY_PROTOCOL_ERROR'がまだ存在する場合は、 chrome:// net-internals /#socketsをアドレスバーに貼り付けて、Enterキーを押します。
  7. 「ソケットプールのフラッシュ」を選択します。

コマンドプロンプトを介してDNSをフラッシュします

この問題のもう1つの解決策は、DNS(ドメインネームシステム)をフラッシュすることです。これを行う最も速い方法の1つは、コマンドプロンプトを使用することです。タスクバーの検索フィールドにコマンドプロンプトを入力します。次に、一番上の結果を右クリックして[管理者として実行]を選択するか、右側にリストされているオプションから選択します。コマンドプロンプトに入ったら、次のコマンドを個別に入力し、各コマンドの後にEnterキーを押します。

ipconfig / release

ipconfig / all

ipconfig / flushdns

ipconfig / renew

netsh int ip set dns

netshwinsockリセット

その後、コマンドプロンプトウィンドウを閉じて、コンピューターを再起動します。

ブラウジングキャッシュをクリアする

キャッシュをクリアすると、ブラウザのさまざまな問題に役立つ可能性があります。開始するには、Chromeを開き、ウィンドウの右上隅にある3つのドットのアイコンをクリックします。次に、次の手順に従います。

  1. [設定]を選択します。
  2. その他のオプションにアクセスするには、[詳細設定]を見つけてクリックします。
  3. [プライバシーとセキュリティ]セクションに到達するまで下にスクロールします。
  4. 「閲覧データの消去」を見つけてクリックします。
  5. 新しいウィンドウで、[詳細設定]タブをクリックします。
  6. 削除するデータの種類を選択します。少なくとも「Cookieとその他のサイドデータ」および「キャッシュされた画像とファイル」を選択することをお勧めします。
  7. [ホストされているアプリのデータ]を選択し、[時間範囲]を[常時]に設定します。
  8. [データのクリア]をクリックして、削除プロセスを開始します。
  9. キャッシュがクリーンアップされたら、Chromeを閉じてから再度開き、「ERR_SPDY_PROTOCOL_ERROR」が修正されているかどうかをテストします。