Macでプロセスを強制終了する方法

Macシステムの実行速度が遅くなったり、数秒間完全にフリーズしたりすることがよくあることに気付いた場合は、通常、システムのリソースが不足していることを示しています。ほとんどの場合、CPUまたはRAMが使用可能な容量に達しています。犯人は、システムに気付かれずに侵入した不正なアプリケーションである可能性がありますが、異常な量のシステムリソースを占有し始めた誤動作プロセスである可能性もあります。ほとんどの場合、問題を解決するには、プロセスを停止するだけで十分です。以下に概説するのは、そのようなプロセスを追跡して強制終了する2つの方法です。1つはアクティビティモニターを使用し、もう1つはMacのターミナルアプリケーションを利用します。

アクティビティモニターは、ユーザーが現在実行中のすべてのプロセスだけでなく、CPUサイクル、RAM使用量などの他のさまざまなシステム情報を確認できる便利なユーティリティです。アクティビティモニターを起動するには、アプリケーションフォルダーに移動し、[ユーティリティ]を選択して、アプリケーションを探します。 [アクティビティモニター]ウィンドウが表示されたら、アクティブなプロセスのリストを調べて、CPUパワーのかなりの部分を占めるプロセスを探します。それに応じてリストを並べ替えるには、CPU列ヘッダーをクリックします。プロセスを停止するには、プロセスを選択し、ツールバーの[プロセスの終了]ボタンをクリックします。

もう1つの方法は、Macシステムに付属のターミナルアプリケーションに依存しています。それを開くには、アプリケーションフォルダに移動し、次にユーティリティに移動します。ターミナルを見つけて実行します。アプリケーションのウィンドウが起動したら、 topと入力し、キーボードのReturnキーを押します。現在アクティブなすべてのプロセスと、使用されているそれぞれのCPUサイクルのリストが表示されます。リストをスキャンして、異常な量のCPUサイクルを占有しているプロセスに注意してください。必要に応じて、そのプロセスのPIDを確認してください。次に、kill -9コマンドに続けてPIDを入力し、キーボードのReturnキーを押します。

返事を残す

サポートや請求に関する質問には、このコメントシステムを利用しないでください。 SpyHunterのテクニカルサポートリクエストについては、お客様のSpyHunter経由で カスタマーサポートチケット を開設し、テクニカルサポートチームに直接ご連絡ください。 お支払いに関する問題については、 " 請求に関する質問または問題 " のページをご覧ください。 一般的なお問い合わせ(苦情、法律、プレス、マーケティング、著作権)については、お問い合わせとフィードバックをご覧ください。


HTML is not allowed.