Windows11で診断データをオフにする方法

アプリ診断はWindowsOSの一部であり、特定のアプリケーション情報を取得してMicrosoftに送信する役割を果たします。データには、アプリケーションの名前、パッケージ名、アプリケーションに関連付けられたユーザー名、アプリケーションのメモリ使用量、およびそれに接続されている特定のプロセスが含まれる場合があります。目標は、これらのアプリケーションをより安定させ、効率的かつ最適化するために情報を使用することです。ただし、一部のユーザーは、そのような情報を技術大手と共有したくない場合があり、AppDiagnosticsを停止したい場合があります。幸い、Windows 11でこれを行うのは、比較的高速で簡単なプロセスです。

アプリの診断をオフにする

  1. [スタート]メニューに移動し、[設定]を開きます。
  2. [プライバシーとセキュリティ]を選択します。
  3. 「アプリ診断」を選択します。
  4. 対応するトグルを介してアプリの診断アクセスを無効にします。

単一のアプリケーションのアプリ診断をオフにする

一部のユーザーは、機能を完全に停止するのではなく、特定のアプリケーションからのみデータを取得しないようにすることを好む場合があります。

  1. スタートメニューを開き、[設定]を選択します。
  2. 「プライバシーとセキュリティ」を開きます。
  3. 「アプリ診断」に移動します。
  4. 以前に無効にされている場合は、「アプリ診断アクセス」を有効にします。
  5. ここで、追跡したくないアプリを除外しながら、AppDiagnosticでデータを抽出するアプリのみを選択します。

診断データの削除

ユーザーは、Microsoftによってすでに収集されている診断データを削除することもできます。

  1. キーボードのWindowsボタン+ Iを押して、[設定]ウィンドウを開きます。
  2. 「プライバシーとセキュリティ」を開きます。
  3. 「診断とフィードバック」に移動します。
  4. [診断データの削除]オプションを見つけてクリックします。
  5. [削除]ボタンをクリックして、決定を確認します。