SpyHunter 4 追加の利用規約

翻訳内容: English Português
シェア:

著作権に関するお知らせ

© 2003-2010 Enigma Software Group USA, LLC.全著作権所有。

サードパーティのコードは、Enigma Software Group独自の著作権で保護されたソフトウェアを使用して集約または配布することができます。そのような第三者コードの著作権表示およびライセンス条項は、以下に詳述されています。

ソースコード配布

特定の第三者のライセンスでは、対応するソースコードの配布が必要な場合があります。

本製品の最終出荷後3年間、2013年からXX年のいずれか早い時期に、郵便為替を送付するか、または5ドルで以下を確認することにより、完全な対応ソースコードを入手することができます。

Enigma Software Group USA, LLC.

GPL Compliance Offer

2643 Gulf to Bay Blvd.

Suite 1560 #446

Clearwater, FL 33759

USA

お支払いのメモ行に "GPL Compliance Source"と記入してください。このオファーは、この情報を受け取ったすべての人に有効です。

第三者コンポーネント著作権表示および使用許諾条件:

Curlとlibcurl

サードパーティのコードは、Enigma Software Group独自の著作権で保護されたソフトウェアを使用して集約または配布することができます。そのような第三者コードの著作権表示およびライセンス条項は、SpyHunterフォルダにあるlicense.txtファイル、およびhttp://www.enigmasoftware.com/sh4/license.txtにも記載されています。

BusyBox

このソフトウェアには、GNU General Public License Version 2の下でライセンスされているBusyBoxが含まれています.BusyBoxのソースコードとともに、http://busybox.net/で入手できます。

Grub4Dos

このソフトウェアには、GNU General Public License Version 2でライセンスされているGrub4Dosが含まれています。そのコピーは、Grub4Dosのソースコードと共にhttp://gna.org/projects/grub4dos/にあります。

Linux Kernel

このソフトウェアには、GNU General Public License Version 2のライセンスを受けたLinuxカーネルが含まれています。そのコピーは、Linuxカーネルバージョンのソースコードとともにhttp://kernel.org/で入手できます。

GCC

このソフトウェアは、GNU General Public Licenseバージョン3、GCC Runtime Library Exceptionバージョン3.1、および以下に列挙されたライセンス(GCCのソースコードと共にコピーされている)に基づいてライセンスされているGNUコンパイラコレクション(GCC) http://gcc.gnu.org/にアクセスしてください。

GCCの著作権は1986年、1987年、1988年、1990年、1991年、1992年、1993年、1994年、1995年、1996年、1997年、1998年、1999年、2000年、2001年、2002年、 ソフトウェア財団株式会社。

GCCはフリーソフトウェアです。 フリーソフトウェア財団が公表したGNU一般公衆利用許諾契約書の条件に基づいてそれを再配布および/または変更することができます。 バージョン3のいずれか、または(あなたのオプションで)それ以降のバージョンです。

GCCは有用であることを期待して配布されていますが、いかなる保証もありません。 商品性または特定目的への適合性の暗黙の保証さえありません。 詳細は、GNU General Public Licenseを参照してください。

例外条項を持つファイルは、GNU一般公衆利用許諾契約書の条項に基づいて使用許諾されます。 バージョン3のいずれか、または(あなたのオプションで)それ以降のバージョンです。

Debian GNU / Linuxシステムでは、GNU一般公衆利用許諾書の完全な文章は、 '/ usr / share / common-licenses / GPL-3 / GNU General Public License / GPL-3 'です。

次のランタイムライブラリは、GNU一般公衆利用許諾契約書(v3以降)の下で、GCCランタイムライブラリ例外のバージョン3.1でライセンスされています。

  • libgcc (libgcc/, gcc/libgcc2.[ch], gcc/unwind*, gcc/gthr*, gcc/coretypes.h, gcc/crtstuff.c, gcc/defaults.h, gcc/dwarf2.h, gcc/emults.c, gcc/gbl-ctors.h, gcc/gcov-io.h, gcc/libgcov.c, gcc/tsystem.h, gcc/typeclass.h).
  • libdecnumber
  • libgomp
  • libssp
  • libstdc++-v3
  • libobjc
  • libmudflap
  • libgfortran
  • libgnat-4.4 Adaサポートライブラリとlibgnatvsnライブラリ。
  • ランタイムライブラリで使用されるgcc / config /にあるさまざまな設定ファイル。
  • これとは対照的に、libgnat PRJは、純粋なGNU General Public Licenseの下でライセンスされています。

    libgcjライブラリは、GNU General Public Licenseの条項の下でライセンスされていますが、特別な例外があります:

    このライブラリを他のモジュールと静的または動的にリンクすることは、このライブラリに基づいて結合された作業を行います。したがって、GNU一般公衆利用許諾契約書の条件は、すべての組み合わせをカバーしています。

    特別な例外として、このライブラリの著作権者は、これらの独立したモジュールのライセンス条項にかかわらず、このライブラリを独立したモジュールとリンクして実行可能ファイルを生成し、選択した条件に従って、 また、リンクされた独立したモジュールごとに、そのモジュールのライセンスの条件を満たしていることを条件とします。 独立したモジュールは、このライブラリから派生したものではない、またはこのライブラリに基づくモジュールです。 このライブラリを変更する場合は、この例外をライブラリのバージョンに拡張することができますが、これは義務ではありません。 そうしたくない場合は、この例外ステートメントをご使用のバージョンから削除してください。

    libffiライブラリは、以下の条件でライセンスされています:

    libffi – Copyright © 1996-2003 Red Hat, Inc.

    本ソフトウェアおよび関連するドキュメンテーションファイル(以下「本ソフトウェア」といいます)のコピーを取得した者は、本ソフトウェアを制限なく使用、複製、改変、マージする権利を含むがこれに限定されるものではなく、 、本ソフトウェアの複製、出版、配布、再利用、および/または販売すること、および本ソフトウェアの提供を受ける者に以下の条件:

    上記の著作権表示およびこの許可通知は、本ソフトウェアのすべてのコピーまたは実質的な部分に含まれるものとします。

    本ソフトウェアは、商品性、特定の目的への適合性および非侵害性の保証を含め、明示的にも黙示的にもいかなる保証もなく、現状のまま提供されます。サイノナス・ソリューションズは、いかなる損害賠償 その他の責任は、本ソフトウェアまたはその使用に関連して発生したものであっても、その他の目的で生じたものであっても、本ソフトウェアの使用またはその他の目的に起因するものではありません。

    このドキュメントは、GNU Free Documentation License(v1.2)の下でライセンスされています。 Debian GNU / Linuxシステムでは、このライセンスの全文は '/usr/share/common-licenses/GFDL-1.2'にあります。

    Ncurses

    このソフトウェアには、以下の著作権とアクセス権の対象となるncursesライブラリが含まれている場合があります。Copyright©1998-2004、2006 Free Software Foundation、Inc. 本ソフトウェアおよび関連するドキュメンテーションファイル(以下「本ソフトウェア」といいます)のコピーを取得した者は、本ソフトウェアを制限なく使用、複製、改変、マージする権利を含むがこれに限定されるものではなく、 ソフトウェアの複製、出版、配布、頒布、譲渡、再譲渡、および/または販売を行うこと、および次の条件のもとで本ソフトウェアの提供を受ける者に許可すること。

    上記の著作権表示およびこの許可通知は、本ソフトウェアのすべてのコピーまたは実質的な部分に含まれるものとします。

    本ソフトウェアは、商品性、特定の目的への適合性および非侵害性の保証を含むが、明示的または黙示的ないかなる保証もなく、現状有姿のまま提供されます。 いかなる場合においても、上記の著作権者は、本ソフトウェアまたはその使用に関連して、またはその使用に関連して、またはそのソフトウェアに関連して、またはそれに関連して生じた契約、不作為その他の行為にかかわらず、いかなる請求、損害またはその他の責任についても責任を負うものではありません 。

    Ubuntu

    このソフトウェアには、GNU General Public License Version 2の下でライセンスされたUbuntuが含まれています。そのコピーは、Ubuntuのソースコードとともにhttp://www.ubuntu.com/にあります。

    サードパーティのサブコンポーネントの著作権に関する注意事項と使用許諾条件:

    上記のソフトウェアコンポーネントには、さまざまな条件でライセンスされたサブコンポーネントが含まれている場合があります。 著作権表示とライセンス条項のあるコンポーネントのリストは、次のとおりです。

    GNU Cライブラリ

    このソフトウェアには、GNU Lesser General Public License Version 2.1、GNU General Public License Version 2、および以下に挙げるライセンスの下でライセンスされたGNU Cライブラリが含まれています。そのコピーは、GNU Cライブラリのソースコードとともに http://www.gnu.org/software/libc/。
    Copyright © 1991,92,93,94,95,96,97,98,99,2000,2001,2002,2003,2004,2005, 2006,2007,2008 Free Software Foundation, Inc.

    4.4 BSDから組み込まれたすべてのコードは、以下のライセンスの下で配布されます:

    著作権©1991カリフォルニア大学リージェント。 全著作権所有。

    以下の条件が満たされていれば、ソースおよびバイナリ形式での再配布および使用は、変更の有無にかかわらず許可されます:

    1. ソースコードの再配布には、上記の著作権表示、この条件リスト、および以下の免責条項を保持する必要があります。
    2. バイナリ形式で再配布する場合は、上記の著作権表示、この条件一覧および次の免責条項を、配布に付属のドキュメントおよび/またはその他の資料に複製する必要があります。
    3. [この条件は削除されました]
    4. 特定の事前の書面による許可なしに、このソフトウェアから派生した製品を推薦または宣伝するために、大学の名前またはその貢献者の名前を使用することはできません。

    本ソフトウェアは、リーガル・コントリビューターによって「現状有姿」で提供されており、商品性および特定目的への適合性の黙示的な保証を含め、明示または黙示の保証はされていません。 いかなる場合でも、当事者または寄稿者は、直接的、間接的、偶発的、偶発的、特別、典型的、派生的損害(代替物品またはサービスの調達、使用、データまたは利益の損失を含むが、 (たとえこのような損害の可能性について知らされていたとしても)責任を問わず、いかなる責任も負わないものとします。

    BIND 4.9.5のDNSリゾルバコードは、UC BerkeleyとDigital Equipment Corporationの両方に著作権があります。 DECの部分は、次のライセンスの下にあります:

    部分著作権 ©1993 Digital Equipment Corporation

    上記の著作権表示およびこの許可通知がすべてのコピーに表示され、デジタル機器コーポレーションの名称が使用されていない場合は、このソフトウェアの使用、コピー、改変、配布を許可されています。 特定の書面による事前の許可なく、文書またはソフトウェアの配布に関する広告または広報を行うことはできません。

    本ソフトウェアは「現状有姿」で提供され、デジタル機器は商品性および適合性に関する黙示の保証を含め、本ソフトウェアに関するすべての保証を放棄します。 デジタル機器コーポレーションは、契約、過失またはその他の重大な措置の発生にかかわらず、使用、データまたは利益の損失に起因する、特別な、直接的、間接的、または必然的な損害またはそれに起因する損害 または本ソフトウェアの使用または性能に関連して使用されます。

    Sun RPCサポート(rpcsrc-4.0から)は、次のライセンスの対象です。

    Copyright © 1984, Sun Microsystems, Inc.

    Sun RPCはSun Microsystems、Inc.の製品であり、この凡例はすべてのテープメディアに含まれ、ソフトウェアプログラムの一部または全部として含まれている限り、無制限に使用できます。 ユーザーは無償でSun RPCをコピーまたは変更することができますが、ユーザーが開発した製品またはプログラムの一部を除き、他の人にライセンスまたは配布する権限はありません。

    Sun RPCは、特定の目的のための設計、商業性および適合性の保証を含む、または使用、使用または慣行の遂行から生じたいかなる保証もありません。

    Sun RPCはサポートなしで提供され、Sun Microsystems, Inc.の使用、訂正、変更、または強化を支援する義務はありません。

    SUN MICROSYSTEMS, INC。は、Sun RPCまたはその一部による著作権、貿易秘密または特許の侵害に関していかなる責任も負わないものとします。

    たとえSunがそのような損害の可能性を知らされたとしても、Sun Microsystems, Inc.はいかなる損失、利益またはその他の特別、間接的および結果的損害に対しても責任を負わないものとします。

    次のCMUライセンスは、Mach 3.0から派生したMachのサポートコードの一部をカバーしています。Mach オペレーティングシステム

    Copyright©1991、1990、1989カーネギーメロン大学。 全著作権所有

    著作権表示およびこの許可通知の両方が、ソフトウェアのすべてのコピー、派生的著作物または変更されたバージョン、およびその一部に表示され、かつその両方が表示されている場合、本ソフトウェアおよびその文書の使用、複製、改変、および配布は許可されます。 サポート文書に通知が表示されます。
    CARNEGIE MELLONは、本ソフトウェアを「現状のまま」自由に使用することができます。 CARNEGIE MELLONは、本ソフトウェアの使用に起因するいかなる損害に対するいかなる種類の責任も否認します。

    カーネギーメロンは、このソフトウェアのユーザーに

    ソフトウェア配布コーディネーター

    コンピュータサイエンス学部

    カーネギーメロン大学

    ピッツバーグ(PA)15213-3890

    またはSoftware.Distribution@CS.CMU.EDUが行った改善または拡張により、Carnegie Mellonにこれらの変更を再配布する権利が与えられます。

    ファイルif_ppp.hは、次のCMUライセンスの下にあります。

    以下の条件が満たされていれば、ソースおよびバイナリ形式での再配布および使用は、変更の有無にかかわらず許可されます:

    1. ソースコードの再配布には、上記の著作権表示、この条件一覧、および以下の免責条項を保持する必要があります。
    2. バイナリ形式での再配布は、上記の著作権表示、この条件一覧および次の免責条項を、配布に付属しているドキュメントおよび/またはその他の資料に再現する必要があります。
    3. 特定の事前の書面による許可なしに、このソフトウェアから派生した製品を推薦または宣伝するために、大学の名前またはその貢献者の名前を使用することはできません。

    本ソフトウェアは、カーネギーメロン大学および寄稿者によって「現状有姿」で提供されており、商品性および特定目的への適合性の黙示の保証を含め、明示または黙示の保証はされていません。 ユニバーシティまたはコントリビュータは、直接的、間接的、偶発的、偶発的、特別、典型的、派生的損害(代替商品やサービスの調達、使用、データ、利益の損失を含むが、これに限定されない) (たとえこのような損害の可能性について知らされていたとしても)、いかなる責任も負わないものとします。

    次のライセンスは、インテルの「高度に最適化されたItanium版数学」コレクションのファイルを対象としています。

    Copyright©2000、Intel Corporation。All rights reserved。

    以下の条件が満たされていれば、ソースおよびバイナリ形式での再配布および使用は、変更の有無にかかわらず許可されます:

    * ソースコードの再配布には、上記の著作権表示、この条件一覧、および以下の免責条項を保持する必要があります。

    * バイナリ形式で再配布する場合は、上記の著作権表示、この条件一覧および次の免責条項を、配布に付属のドキュメントおよび/またはその他の資料に複製する必要があります。

    * 特定の事前の書面による許可なく、このソフトウェアから派生した製品を推奨または宣伝するために、Intel Corporationの名称を使用することはできません。

    本ソフトウェアは、著作権者および寄稿者によって「現状有姿」で提供されており、商品性および特定目的適合性の黙示の保証を含め、明示または黙示の保証はされていません。 インテルまたはコントリビューターは、直接的、間接的、偶発的、派生的、特別、派生的、派生的損害(代替商品やサービスの調達、使用、データ、利益の損失、ビジネスの遂行を含むがこれに限定されない) (たとえこのような損害の可能性について知らされていたとしても)、いかなる責任も負わないものとします。

    ファイルinet / getnameinfo.cとsysdeps / posix / getaddrinfo.cはCraig Metzの著作権©であり、以下のライセンスの下で配布されています:

    /* 内部ネットライセンス、バージョン2.00

    著者は、以下の条件が満たされていれば、ソフトウェアおよびドキュメントの変更の有無にかかわらず、ソースおよびバイナリ形式での再配布および使用の許可を与えます:

    1. 再配布されていないと明記されているバージョンのソフトウェア(バージョンメッセージおよび/またはREADMEを確認してください)を受け取った場合、そのソフトウェアのバージョンを何らかの形で再配布することはできません。
    2. その他すべての適用される著作権とライセンスのすべての条項に従わなければなりません
    3. ソースコードの再配布には、著作者の著作権表示、この条件リスト、および以下の免責条項を保持する必要があります
    4. バイナリ形式での再配布は、配布物に添付されているドキュメントおよび/またはその他の資料に、著作者の著作権表示、この条件一覧、および次の免責条項を再現する必要があります。
    5. [著作権者がこの条項の削除を許可しました]
    6. 特定の事前の書面による許可なしに、このソフトウェアから派生した製品を推奨または宣伝するために、著者の名前または貢献者の名前を使用することはできません。

    本ソフトウェアは、「現状有姿」で提供され、商品性および特定目的への適合性の黙示的な保証を含め、明示または黙示の保証は一切の責任を負わないものとします。 作者または寄稿者は、直接的、間接的、偶発的、偶発的、特別、典型的、派生的損害(代替物品またはサービスの調達、使用、データまたは利益の損失を含むが、これに限定されない) (たとえこのような損害の可能性について知らされていたとしても)、いかなる責任も負わないものとします。

    Dmraid

    このソフトウェアには、dmraid(Device-mapper RAIDツールとライブラリ)が含まれています。これには、GNU一般公衆利用許諾契約書バージョン2.1、GNU一般公衆利用許諾契約書バージョン2、および下記のライセンスが含まれており、そのコピーはdmraid http://people.redhat.com/heinzm/sw/dmraid/から入手できます。

    Copyright©2004-2008 Heinz Mauelshagen、Red Hat GmbH。 全著作権所有

    upstream LICENSE

    ****

    Copyright © 2004-2008 Heinz Mauelshagen, Red Hat GmbH.

    Copyright © 2006 Darrick Wong, James Simshaw, Adam DiCarlo IBM.

    Copyright © 2001, 2002, 2004 Adaptec Inc.

    Copyright © 2004 NVidia Corporation. 全著作権所有

    全著作権所有

    このdmraidコードはフリーソフトウェアです。 フリーソフトウェア財団が公表したGNU一般公衆利用許諾契約書の条件に基づいて、再配布および/または改変することができます。 ライセンスのバージョン2、または(オプションで)それ以降のバージョンです。

    dmraidは有用であることを期待して配布されていますが、いかなる保証もありません。 商品性または特定目的への適合性の暗黙の保証さえも含みません。 詳細については、GNU General Public Licenseを参照してください。

    このdmraidコードとともにGNU(Lesser)General Public Licenseのコピーを受け取ったはずです。 そうでない場合は、米国、マサチューセッツ州02110-1301ボストンの5階、フランクリン・ストリート51フリーフリー・ソフトウェア財団(Free Free Software Foundation、Inc.)にお問い合わせください。

    ****

    Ubuntu / Debian GNU / Linuxシステムでは、GNU一般公衆利用許諾書の全文は '/ usr / share / common-licenses / GPL'にあります。 GNU Lesser General Public Licenseの全文は、 '/ usr / share / common-licenses / LGPL'にあります。

    Debianパッケージは©2008、Giuseppe Iuculanoであり、GPLの下でライセンスされています。「/ usr / share / common-licenses / GPL」を参照してください。

    1.0.0.rc15/lib/metadata/reconfig.c:

    Copyright © 2006 IBM, 全著作権所有。

    Darrick Wong,

    James Simshawと

    Adam DiCarloによって書かれました。

    Copyright © 2006-2008 Heinz Mauelshagen, Red Hat GmbH. 全著作権所有

    ライセンス:GPL、下記参照

    1.0.0.rc15/lib/metadata/metadata.c, 1.0.0.rc15/lib/format/format.c,

    1.0.0.rc15/lib/format/ataraid/isw.c, 1.0.0.rc15/lib/device/scsi.c,

    1.0.0.rc15/lib/device/scsi.h, 1.0.0.rc15/lib/misc/misc.c,

    1.0.0.rc15/lib/activate/activate.c, 1.0.0.rc15/lib/activate/devmapper.c,

    1.0.0.rc15/tools/commands.c, 1.0.0.rc15/tools/commands.h,

    1.0.0.rc15/tools/toollib.c, 1.0.0.rc15/include/dmraid/lib_context.h,

    1.0.0.rc15/include/dmraid/list.h, 1.0.0.rc15/include/dmraid/misc.h,

    1.0.0.rc15/include/dmraid/dmraid.h, 1.0.0.rc15/include/dmraid/metadata.h,

    1.0.0.rc15/include/dmraid/format.h:

    Copyright © 2004-2008 Heinz Mauelshagen, Red Hat GmbH. 全著作権所有。

    Copyright © 2007 Intel Corporation. 全著作権所有。

    2007年11月 - 作成、削除、再構築、RAID 10の追加。

    ライセンス:GPL、下記参照

    1.0.0.rc15/lib/metadata/log_ops.c:

    Copyright © 2006 Darrick Wong, IBM. 全著作権所有。

    Copyright © 2006 Heinz Mauelshagen, Red Hat GmbH. 全著作権所有。

    ライセンス:GPL、下記参照

    1.0.0.rc15/lib/format/ataraid/nv.c:

    Copyright © 2004 NVidia Corporation. 全著作権所有。

    Copyright © 2004-2008 Heinz Mauelshagen, Red Hat GmbH. 全著作権所有。

    ライセンス:GPL、下記参照

    1.0.0.rc15/lib/format/ataraid/asr.c:

    Copyright © 2005-2006 IBM, 全著作権所有。

    Darrick Wong , James Simshaw と Adam DiCarloによって書かれました

    Copyright © 2006 Heinz Mauelshagen, Red Hat GmbH 全著作権所有。

    ライセンス:GPL、下記参照

    1.0.0.rc15/lib/format/ataraid/nv.h:

    Copyright © 2004, 2005 NVidia Corporation. 全著作権所有。

    dmraid拡張:

    Copyright © 2004, 2005 Heinz Mauelshagen, Red Hat GmbH.

    LICENSE: GPL, see below

    1.0.0.rc15/lib/format/ataraid/isw.h:

    Copyright © 2003, 2004, 2005 Intel Corporation.

    dmraid拡張:

    Copyright © 2004, 2005 Heinz Mauelshagen, Red Hat GmbH. All rights reserved.

    Authors: Boji Tony Kannanthanam < boji dot t dot kannanthanam at intel dot com > Martins Krikis < martins dot krikis at intel dot com >

    LICENSE: GPL, see below

    1.0.0.rc15/lib/format/ataraid/hpt37x.h:

    Copyright © 2000,2001 Søren Schmidt All rights reserved.

    dmraid modifications:

    Copyright © 2004,2005 Heinz Mauelshagen, Red Hat GmbH. All rights reserved.

    LICENSE:

    Redistribution and use in source and binary forms, with or without modification, are permitted provided that the following conditions are met:

    1. Redistributions of source code must retain the above copyright notice, this list of conditions and the following disclaimer, without modification, immediately at the beginning of the file.
    2. Redistributions in binary form must reproduce the above copyright notice, this list of conditions and the following disclaimer in the documentation and/or other materials provided with the distribution.
    3. The name of the author may not be used to endorse or promote products derived from this software without specific prior written permission.

    THIS SOFTWARE IS PROVIDED BY THE AUTHOR "AS IS" AND ANY EXPRESS OR IMPLIED WARRANTIES, INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE ARE DISCLAIMED. IN NO EVENT SHALL THE AUTHOR BE LIABLE FOR ANY DIRECT, INDIRECT, INCIDENTAL, SPECIAL, EXEMPLARY, OR CONSEQUENTIAL DAMAGES (INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, PROCUREMENT OF SUBSTITUTE GOODS OR SERVICES; LOSS OF USE, DATA, OR PROFITS; OR BUSINESS INTERRUPTION) HOWEVER CAUSED AND ON ANY THEORY OF LIABILITY, WHETHER IN CONTRACT, STRICT LIABILITY, OR TORT (INCLUDING NEGLIGENCE OR OTHERWISE) ARISING IN ANY WAY OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF SUCH DAMAGE.

    1.0.0.rc15/lib/format/ataraid/asr.h:

    Copyright © 2005-2006 IBM (actual code changes by Darrick Wong)

    Copyright © 2001, 2002, 2004 Adaptec Inc.

    All rights reserved.

    LICENSE:

    Redistribution and use in source and binary forms, with or without modification, are permitted provided that the following conditions are met:

    1. Redistributions of source code must retain the above copyright notice, this list of conditions and the following disclaimer, without modification, immediately at the beginning of the file.
    2. Redistributions in binary form must reproduce the above copyright notice, this list of conditions and the following disclaimer in the documentation and/or other materials provided with the distribution.
    3. The name of the author may not be used to endorse or promote products derived from this software without specific prior written permission.

    Alternatively, this software may be distributed under the terms of the GNU General Public License ("GPL") version 2, see below

    1.0.0.rc15/lib/format/ddf/ddf1_dump.c, 1.0.0.rc15/lib/format/ddf/ddf1.c,

    1.0.0.rc15/lib/format/ddf/ddf1_cvt.h, 1.0.0.rc15/lib/format/ddf/ddf1_cvt.c,

    1.0.0.rc15/lib/format/ddf/ddf1.h, 1.0.0.rc15/lib/format/ddf/ddf1_lib.c,

    1.0.0.rc15/lib/format/ddf/ddf1_lib.h, 1.0.0.rc15/lib/format/ddf/ddf1_dump.h:

    Copyright © 2005-2006 IBM, All rights reserved.

    Written by Darrick Wong

    Copyright © 2006 Heinz Mauelshagen, Red Hat GmbH. All rights reserved.

    LICENSE: GPL, see below

    1.0.0.rc15/lib/format/ddf/ddf1_crc.c:

    Copyright © 2005-2006 IBM. All rights reserved.

    Written by James Simshaw

    Copyright © 2006-2008 Heinz Mauelshagen, Red Hat GmbH. All rights reserved.

    LICENSE: GPL, see below

    1.0.0.rc15/include/dmraid/reconfig.h:

    Copyright © 2006 Darrick Wong, IBM. All rights reserved.

    Copyright © 2006-2008 Heinz Mauelshagen Red Hat GmbH. All rights reserved.

    LICENSE: GPL, see below

    debian/dmraid-activate:

    © 2008 Canonical Ltd.

    LICENSE: GPL, see below

    NTFS-3G

    This Software may include the NTFS-3G driver which is licensed under the GNU General Public License Version 2 and GNU LIBRARY GENERAL PUBLIC LICENSE copies of which along with the source code for NTFS-3G are available at http://www.tuxera.com/community/ntfs-3g-download/.

    Copyright: © 2000-2006 ntfs-3g Development Team

    The Debian packaging is Copyright © 2006-2009 Adam Cécile (Le_Vert)

    and is licensed under the GPL, see above

    Device Mapper

    This Software may include device-mapper which is licensed under the GNU Lesser General Public License Version 2.1 and GNU General Public License Version 2, copies of which along with the source code for device-mapper are available at http://sourceware.org/dm/.

    Copyright © 2001-2004 Sistina Software (UK) Limited.

    Copyright © 2004 Red Hat, Inc.

    FUSE

    This Software may include FUSE which is licensed under the GNU Lesser General Public License Version 2 and GNU General Public License Version 2, copies of which along with the source code for device-mapper are available at http://fuse.sourceforge.net/.

    Copyright © 2001-2006 Miklos Szeredi

    Klibc.utils

    This Software may include Klibc.utils which is licensed under the GNU General Public License Version 2 and under the license listed below, copies of which along with the source code for Klibc.utils are available at http://www.kernel.org/pub/linux/libs/klibc/.

    Copyright © 2004-2006 H. Peter Anvin

    Copyright © 2004-2006 The Regents of the University of California. All rights reserved.

    Redistribution and use in source and binary forms, with or without modification, are permitted provided that the following conditions are met:

    1. Redistributions of source code must retain the above copyright notice, this list of conditions and the following disclaimer.
    2. Redistributions in binary form must reproduce the above copyright notice, this list of conditions and the following disclaimer in the documentation and/or other materials provided with the distribution.
    3. Neither the name of the University nor the names of its contributors may be used to endorse or promote products derived from this software without specific prior written permission.

    THIS SOFTWARE IS PROVIDED BY THE REGENTS AND CONTRIBUTORS "AS IS" AND ANY EXPRESS OR IMPLIED WARRANTIES, INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE ARE DISCLAIMED. IN NO EVENT SHALL THE REGENTS OR CONTRIBUTORS BE LIABLE FOR ANY DIRECT, INDIRECT, INCIDENTAL, SPECIAL, EXEMPLARY, OR CONSEQUENTIAL DAMAGES (INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, PROCUREMENT OF SUBSTITUTE GOODS OR SERVICES; LOSS OF USE, DATA, OR PROFITS; OR BUSINESS INTERRUPTION) HOWEVER CAUSED AND ON ANY THEORY OF LIABILITY, WHETHER IN CONTRACT, STRICT LIABILITY, OR TORT (INCLUDING NEGLIGENCE OR OTHERWISE) ARISING IN ANY WAY OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF SUCH DAMAGE.

    Linux NTFS Driver

    This Software may include the Linux-NTFS driver which is licensed under the GNU General Public License Version 2, a copy of which along with the source code for the Linux NTFS driver is available at http://www.linux-ntfs.org/doku.php.

    LibSELinux

    This Software may include the libselinux Debian package which is licensed under the GNU General Public License Version 2, a copy of which along with the source code for libselinux is available b at http://wiki.debian.org/SELinux/Setup.

    Copyright © 2005, 2006, Manoj Srivastava

    Libsepol

    This Software may include the libsepol which is licensed under the GNU Lesser General Public License Version 2.1 a copy of which along with the source code for the libseplr is available at http://userspace.selinuxproject.org/releases/current/devel/.

    Copyright © 2003, 2004 Stephen Smalley

    Copyright © 2003, 2004 Red Hat, Inc.

    Copyright © 2004, 2005 Trusted Computer Solutions, Inc.

    Copyright © 2003, 2004, 2005 Tresys Technology, LLC

    Libx86

    This Software may include the libx86 package which is licensed under licenses listed below, copies of which along with the source code for libx86 is available b at http://www.codon.org.uk/~mjg59/libx86/.

    Files: debian/*

    Copyright: © 2008, David Paleino

    © 2006, Matthew Garrett

    License: MIT

    Files: *

    Copyright: © 2005-2006, Matthew Garrett

    © 2005-2006, Jonathan McDowell

    © 1998, Josh Vanderhoof

    License: MIT

    Files: x86emu/*

    Copyright: © 1999, Egbert Eich

    © David Mosberger-Tang

    © 1996-1999, SciTech Software, Inc.

    License: other

    Permission to use, copy, modify, distribute, and sell this software and its documentation for any purpose is hereby granted without fee, provided that the above copyright notice appear in all copies and that both that copyright notice and this permission notice appear in supporting documentation, and that the name of the authors not be used in advertising or publicity pertaining to distribution of the software without specific, written prior permission. The authors make no representations about the suitability of this software for any purpose. It is provided "as is" without express or implied warranty.

    THE AUTHORS DISCLAIMS ALL WARRANTIES WITH REGARD TO THIS SOFTWARE, INCLUDING ALL IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY AND FITNESS, IN NO EVENT SHALL THE AUTHORS BE LIABLE FOR ANY SPECIAL, INDIRECT OR CONSEQUENTIAL DAMAGES OR ANY DAMAGES WHATSOEVER RESULTING FROM LOSS OF USE, DATA OR PROFITS, WHETHER IN AN ACTION OF CONTRACT, NEGLIGENCE OR OTHER TORTIOUS ACTION, ARISING OUT OF OR IN CONNECTION WITH THE USE OR PERFORMANCE OF THIS SOFTWARE.

    License: MIT

    Permission is hereby granted, free of charge, to any person obtaining a copy of this software and associated documentation files (the "Software"), to deal in the Software without restriction, including without limitation the rights to use, copy, modify, merge, publish, distribute, sublicense, and/or sell copies of the Software, and to permit persons to whom the Software is furnished to do so, subject to the following conditions:

    The above copyright notice and this permission notice shall be included in all copies or substantial portions of the Software.

    THE SOFTWARE IS PROVIDED "AS IS", WITHOUT WARRANTY OF ANY KIND, EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO THE WARRANTIES OF MERCHANTABILITY, FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE AND NONINFRINGEMENT. IN NO EVENT SHALL JOSH VANDERHOOF BE LIABLE FOR ANY CLAIM, DAMAGES OR OTHER LIABILITY, WHETHER IN AN ACTION OF CONTRACT, TORT OR OTHERWISE, ARISING FROM, OUT OF OR IN CONNECTION WITH THE SOFTWARE OR THE USE OR OTHER DEALINGS IN THE SOFTWARE.

    Udev

    This Software may include Udev which is licensed under the GNU General Public License Version 2, a copy of which along with the source code for Udev is available b at http://www.kernel.org/pub/linux/utils/kernel/hotplug/udev.html.

    Copyright © 2004-2006 Key Sievers

    Copyright © 2005-2006 SUSE Linux Products GmbH

    Copyright © 2006 Hannes Reinecke

    Copyright © 2006 Red Hat, Inc.

    Copyright © 2003-2004 Greg Kroah-Hartman

    Copyright © 2005 John Hull

    Copyright © 2005 Tobias Klauser

    Copyright © 2005 W. Michael Petullo

    Copyright © 2004 Andre Masella

    Copyright © 2004 Arnd Bergmann

    Copyright © 2004 Chris Friesen

    Copyright © 2004 Harald Hoyer

    Copyright © 2004 Ling, Xiaofeng

    Copyright © 2004 Daniel Walsh

    Copyright © 2003 IBM Corp.

    Includes code from the Linux kernel source tree.

    ホーム > SpyHunter 4 追加の利用規約
    Home | Program Uninstall Steps | SpyHunter 5's Threat Assessment Criteria | SpyHunter 5 Additional Terms and Conditions | SpyHunter 4 Additional Terms and Conditions | RegHunter Additional Terms and Conditions
    Copyright 2003-2018. Enigma Software Group USA, LLC. 著作権所有.