「ファイルが別のプログラムで開かれているため、アクションを完了できません」エラー

「ファイルが別のプログラムで開かれているため、アクションを完了できません」というエラーが発生しないほど幸運なWindowsユーザーはほとんどいません。特定のファイルまたはフォルダを操作(移動、名前変更、削除など)しようとすると表示されます。特に深刻ではありませんが、ほとんどの場合、アクションを妨害している特定のプログラムが記載されていないため、エラーは大きなフラストレーションと迷惑の原因となる可能性があります。その結果、ユーザーは犯人を見つけるのにかなりの時間を費やす可能性があります。時間を節約するために、以下に概説する提案を見て、それらの1つが問題を解決できないかどうかを確認してください。

エクスプローラーを再起動します

ファイルエクスプローラーは、Windowsシステム全体の基盤となるプロセスの1つです。良い出発点は、それを再起動し、ファイルまたはフォルダが後でロック解除されるかどうかを確認することです。

  1. キーボードのCTRL + ALT + DELETEを押し、使用可能なオプションから選択して、タスクマネージャーを開きます。
  2. アクティブなプロセスのリストで「Windowsエクスプローラー」を見つけます。
  3. それを右クリックし、メニューから「再起動」を選択します。
  4. エラーが消えたかどうかを確認します。

別のプロセスとして開くフォルダウィンドウを設定する

ファイルエクスプローラーのデフォルトの動作は、単一のプロセスでウィンドウを開くことです。個別のプロセスを開くように調整することで、安定性が向上すると同時に、「ファイルが別のプログラムで開かれているため、アクションを完了できません」というエラーがなくなる可能性があります。

  1. キーボードのWindowsキー+ Eを押して、ファイルエクスプローラーを開きます。
  2. [表示]タブを選択します。
  3. 「オプション」を開きます。
  4. [フォルダオプション]ウィンドウで、[表示]タブを選択します。
  5. 「別のプロセスでフォルダウィンドウを起動する」オプションを見つけて、対応するチェックボックスをオンにします。
  6. [適用]、[OK]の順にクリックして、変更を保存します。

クリーンブートを実行する

「ファイルが別のプログラムで開かれているため、アクションを完了できません」というエラーの原因となっている可能性のあるプログラムの大部分を排除するために、システムのクリーンブートを実行できます。そうすることで、最小限の数のアプリとドライバーでWindowsが起動します。

  1. タスクバーの検索フィールドにシステム構成を入力します。
  2. 一番上の結果を開きます。
  3. [サービス]タブに移動します。
  4. 「タスクマネージャを開く」をクリックします。
  5. 新しいタブで、リストされているすべてのアプリケーションを1つずつ無効にします。
  6. タスクマネージャを閉じ、[システム構成のスタートアップ]タブで[OK]をクリックします。
  7. コンピュータシステムを再起動します。
  8. エラーが解決された場合、それは無効にされたプログラムの1つがエラーを引き起こしていたことを意味します。誤動作しているアプリが見つかるまで、1つずつ有効にすることができます。