「幼稚園」レベルの米国のサイバーセキュリティの主張の中で国防総省のトップ当局者が辞任

ペンタゴンのサイバーセキュリティの上級幹部であるニコラス・チャイラン氏は、アメリカが人工知能で中国と競争することは不可能であるという彼の信念のために辞任した。

2018年8月、チャイランは空軍の最初の最高ソフトウェア責任者になりました。この立場で、彼は国防総省に安全なソフトウェアを装備する任務を負った。

9月2日に辞任したChailanは、今週公開されたインタビューでFinancial Timesに語り、サイバーセキュリティに関して中国が米国よりはるかに進んでいるとの意見を表明しました。

「15年から20年の間、中国との戦いのチャンスはない。今のところ、それはすでに完了した取引である。私の意見ではすでに終わっている」とチャイラン氏は語った。

近年、いくつかの米国政府部門がハッキングされています。特に、2020年4月には、SolarWindsハッキングの一環として、米国財務省、国土安全保障省、国務省を含む部門が侵害されました。

Chaillanはまた、テクノロジーの巨人であるGoogleが国防総省とAIで協力することを拒否したと述べた。

逆に、チャイラン氏は、中国では民間のサイバーセキュリティとAI企業が北京の自由に使えると述べた。

チャイラン氏はまた、米国が中国の3倍の防衛費を費やしたとしても、それは誤って使われていたので問題ではないと述べた。

チャイラン氏は、彼の辞任を発表したLinkedInの投稿で、「仕事をするために継続的に支援と資金を追いかけるのにうんざりしている。私のオフィスには、今年も来年もまだビレットも資金もない」と書いた。

Chaillanは、中国がもたらすサイバーセキュリティとAIの脅威について議会に証言する予定です。