WindowsのAppDataフォルダーとは何ですか?

WindowsシステムにあるAppDataフォルダーには、その名前が示すように、さまざまなアプリケーションからのデータが含まれています。ただし、これらのファイルは通常、「プログラムファイル」または「プログラムファイル(x86)」フォルダに配置されるため、これらはプログラムのコア実行可能ファイルではありません。 AppDataの主な目的は、特定のアプリケーションの設定またはカスタマイズオプションに関するユーザー固有の情報を含めることです。

AppDataフォルダーにアクセスする方法

AppDataフォルダーは、Windowsシステムではデフォルトで非表示になっている場合があります。したがって、それを見つけて開くには、フォルダを表示する必要があります。

  1. ファイルエクスプローラーメニューに移動します。
  2. 使用可能なオプションから、[表示]、[オプション]の順に選択します。
  3. [フォルダオプション]ウィンドウで、[表示]タブを選択します。
  4. [隠しファイル、フォルダ、またはドライブを表示する]オプションを見つけて有効にします。
  5. [適用]ボタンと[OK]ボタンをクリックして、変更を保存します。

次に、C:\ Users \ \パスに従ってフォルダーを見つけます。 の代わりに、特定のユーザー名が表示されることに注意してください。 AppData \ Roamingフォルダーにアクセスするには、Windowsキー+ Rを押し、その中に%AppData%と入力して、[実行]ダイアログボックスを開くことができます。

AppDataの内容

AppDataフォルダー内には、Roaming、Local、LocalLowという名前の3つのサブフォルダーがあります。それぞれは、指定されたタイプの情報を格納するために使用されます。ローミングには、ユーザープロファイルに接続され、システム間で移行できるデータが含まれています。一方、ローカルは、特定のシステムにのみ関連するデータを格納します。 3番目のフォルダーLocalLowは、一時ファイルやキャッシュなどの低レベルのデータを格納するために使用されます。

AppDataの目的は何ですか

AppDataフォルダーを持つことの利点は、1つのシステムに複数のユーザーがいる場合にほとんど感じられます。 AppDataフォルダーに含まれるフォルダーは各ユーザーに固有であり、他のユーザーがアクセスすることはできません。これは、同じアプリケーションを使用する場合に干渉することなく、各ユーザーの設定を維持するのにも役立ちます。 AppData内にあるファイルも優先度が低いと見なされるため、Program filesフォルダー内のコアアプリケーションファイルと比較した場合、アクセスおよび変更するために必要なのは基本的なアクセス許可のみです。