「Webmail Manager」メール詐欺

「Webmail Manager」メール詐欺

詐欺師は、専用のフィッシング ポータルを介してユーザーの電子メール アカウント資格情報を取得しようとしています。このスキームは、ユーザーの Web メール サービス プロバイダーから送信されたかのように表示されるルアー メールを介して伝播されます。偽のメッセージは、受信者に提供されたボタンやリンクをクリックさせ、知らず知らずのうちにフィッシング ページに誘導するように設計されています。

この特定のスキームでは、ルアー メールは、ユーザーがメール アカウントを停止しようとしていると主張しています。アカウントの喪失を防ぐために、ユーザーは、[サーバー リクエスト] ボタンを押して DNS をリセットすることにより、ドメイン サーバーを復元する必要があることが通知されます。より正当に見えるように、メッセージにはサーバー IMAP アドレス (POP3) などの詳細が含まれています。

ただし、提供された指示に従うと、電子メールの受信者がログイン ポータルを装ったフィッシング ページに誘導されます。このサイトでは、電子メール アドレスとそれに関連付けられたパスワードを提供するよう求められます。詐欺師がアクセスできるようになるため、入力されたすべての情報が危険にさらされます。ユーザーは、これらの資格情報を使用する電子メールやその他のアカウントを失う可能性があります。これらの人々が収集した情報をパッケージ化し、サイバー犯罪組織を含む可能性のある第三者に販売しようとすると、結果はさらに深刻になる可能性があります.

トレンド

最も見られました

読み込んでいます...